blog

2019/01/22いつかblog

『いつか』PV撮影インタビュー:皆本麻帆編(樋口エミ役)


ヒロインの樋口エミに扮するのは、皆本麻帆さん。PV撮影では、自転車に乗って坂を上るシーンを演じました。交通事故で昏睡状態のはずが、突然テルの前に現れる、ミステリアスな役どころ。皆本さんはエミをどのように受け止めているのでしょうか。

――PV撮影で意識したエミのキャラクターとは?
自転車で坂を上る姿を撮りながら、活発で明るく前向きなイメージを想像していました。

――役の紹介には、「明るい子」という記載とともに「人間は醜いものと信じている」とも書かれています。
そうですね。エミは目が不自由で、人よりもハンディがあるんです。だから、そういうところで人を信じられないということが、心のどこか隅で消えずにいる子なんじゃないかなと思います。舞台の上のエミがどんな女の子になっていくかは、まだ全然わからないです。これから作り上げていくので。

――作品に惹かれたポイントは?
シアタートラムという劇場に立つこと自体が、私にとって夢の一つだったので、あの空間で、ミュージカルができることが幸せです。以前、シアタートラムにお芝居を観に行った時、出演する役者さんのエネルギーを肌で感じることができたのは、すごい体験だと思っていたんです。近い密な空間で見られるので。それをミュージカルでやるっていうのは、また大きな劇場とは違った良さがあるはずだ、と。あの劇場に来たお客さんには、顔のしわまで見られるぐらい、小さなことでも見抜かれてしまう。挑戦ですね。ごまかすことができない舞台だなと思っています。

――板垣さんとお仕事されるのは、2回目だそうですね。
2017年に一緒にお仕事をさせていただきました。朗読音楽劇だったので、基本的に台本を読んで座るか立ち上がるかだったのですが、今回はミュージカルという作品で、動いて形になっていくという作業を板垣さんと一緒に取り組むのはすごく楽しみです。こちらからアプローチしていったら、それをさらに広げてくれるようなところが前回あったので、うまく一緒に作り上げていけたらいいなと思います。

――作品に対して期待することは?
少人数で演じるため、一人一人の責任がすごく大きいと思います。小さな密な空間だし、きっとチームワークが大事になってくるはず。藤岡正明さんはじめ、それぞれ一線で活躍している俳優さん、女優さんなので、力を借りながら一緒に作っていきたいと思います。いろいろなところから集まったメンバーだから、それぞれの魅力が合わさったら、きっと楽しい舞台になるんじゃないかな。いい予感がしています。

文:桑畑優香 / 撮影:安藤毅

  • いつか〜one fine day 公式サイト https://www.consept-s.com/itsuka/
  • 2019/01/18いつかblog

    『いつか』PV撮影インタビュー:藤岡正明編(夏目テル役)


    藤岡正明さんが演じる主人公の夏目テルは、2年前に妻に先立たれた保険調査員。スーツ姿で踏切に立つPVの撮影を終えた直後、藤岡さんが作品への思いを言葉豊かに語ってくれました。

    ――今日の撮影に際して何かアドバイスされたことは?
    特に役についてのアドバイスはありませんでしたが、原作の映画「ワン・デイ 悲しみが消えるまで」を見て、テルはたくさん陰がある人なんだろうなと想像しました。でも、ある意味普通の人だと思うので、ナチュラルに自然体で挑めたらいいなと思っています。

    ――この作品に惹かれたポイントは?
    まず、板垣恭一さんとお仕事してみたいなというのがありました。プロットを読ませていただき、原作の映画も見させていただいたうえで決めました。

    ――事前にかなり調べたうえでオファーを受けたわけですね。
    そうですね。そうやって決めさせていただくことが多いんです。決め手は、この作品が持っているメッセージ性でした。ただ悲しいお話ってことではなく、すごく強いメッセージ性というか、人間の尊厳を強く感じました。また、これをどうやってミュージカルにするのかっていうのも含めて、とても楽しみに思えたんですね。どちらかというとストレートプレイでやる雰囲気の作品なので。

    ――板垣さんの作品の魅力とは?
    板垣さんは、近年ミュージカルもたくさんされていますけど、僕はストレートプレイの印象が強いんです。やっぱりお芝居をしっかり作り上げる方だと思います。ミュージカルって、ステージングなどを派手な方向に持って行きがちですが、演劇としてお芝居がちゃんと出来上がっていると、骨太の作品になると思うんですよね。とても期待しています。

    ――共演者についての印象は?
    ほとんど初めてご一緒する方たちなので、楽しみです。最近、僕もミュージカルやったりストレートプレイやったりいろいろですが、ミュージカルをずっとやってると大体知っている顔がそろってくるんです。狭い世界なので。でも、新しい方と共演することで、自分自身もインスピレーションをもらえるといいなと思いますね。ケミストリー、化学反応が気になります。

    また、この作品は、役と役の関係性が基本的にあまり近くないという感じがします。どこか一人一人のパーソナルスペースに入り込んでそうで、入り込んでいない。もっと言うと、べたべたしないというか、近からず遠からずというのがあって。だからこそ、きっとこれから手にする台本に書かれている言葉が、そのスペースに食い込んでいくのだと思います。

    ――キャストの皆さんが、藤岡さんが出るから出演したいと思ったと言っています。
    え~そんな。恐縮です(笑)。頑張ります!

    文:桑畑優香 / 撮影:安藤毅

  • いつか〜one fine day 公式サイト https://www.consept-s.com/itsuka/
  • 2019/01/12blog

    新年のご挨拶

    2019年の幕が開きました。
    来年には東京オリンピックを控え、ラグビーのW杯開催、レ・ミゼラブル、がある年。
    舞台業界的にはレミゼがある年とない年ではなんだかちょっと動きが違うようです。
    映像業界はVR、AR、MRと「リアル」と名前はついているものの現実離れした世界が目まぐるしく展開しています。

    そんなに大きなものを見ていてもしょうがないので、我が身を振り返ったりしますと、conSeptは昨年大きいところでいうと盆栽と日本庭園のテレビ番組を作り、SLの映画を撮り、舞台公演を3本上演しました。
    屋号を立ち上げてから2年目、法人になってからは1年目の年だったので上々ではなかったかと思います。

    丸尾さん、板垣さんにご協力いただいて霞が関でセミナーもやりました。
    三井不動産ビルマネジメントとの共同企画『劇と暮らし』です。
    年始はそのセミナーの本プロジェクトとして「ビルで働く演劇人」と題した活動が始まりました。
    現在9人の若手の役者さんたちが霞が関ビル及びその周辺のオフィスビルで働きながら夜はビルの中の会議室等を使って演技について研鑽を積んでいます。
    1月、2月と2ヶ月間みっちりと働き、学んで最終日となる2月28日には何かしらお披露目のイベントを開催しようと準備しています。
    将来的には霞が関ビルの界隈でずっとスタディ公演とでもいうようなものを上演し続けられたらと考えています。
    複数のメンバーで半年くらい公演を継続しながら徐々にブラッシュアップされていく過程も楽しめるもの、その先で演者だけでなくクリエイターにとっても時間をかけて新しい作品を生み出すプロセスを踏んでいけたらという思いです。
    これは劇団でもなく、アイドルグループでもなく、商業演劇でもない・・・なんと言えばいいでしょうか、エンターテインメントの実験室のような場になればという意味を込めています。楽しめるけど同時に地味な積み重ねもある場。
    そして参加する若手演者たちにとっては「働く場」となるのです。
    働く場としての意味合いとして私がよく喩えで言っているのは「社会人野球の演劇版」です。
    ありそうでなかった、そんな場になればと思っていますので、皆さん是非注目と応援をよろしくお願いします。

    さて、そんな実験ばかりやっているわけではありません。
    本公演の方も4月に初のオリジナル作品となる『いつか~one fine day』をシアタートラムで上演します。
    事務所が世田谷区にあるので、フィールドとしてはいずれ作品を立ち上げたかった場所です。
    こんなに早く実現するとは思っていなかったので、この作品を選んでいただいた劇場の皆様に感謝です。
    いつか隣のパブリックシアターでも是非よろしくお願いします^^

    作品自体は二人の男女の個人的な葛藤が他の登場人物たちの人生と絡みがら「よかっと思える生き方」と「よかったと思える死に方」について考えを巡らせる物語となる予定です。だからと言って深刻すぎる話になるわけではないです。
    人生の機微、喜怒哀楽をきちっと盛り込んだしみじみと温かくなる作品に仕上げられたらと思います。
    これについては書きたいことが本当はいっぱいあるのですけど、ぐっと堪えて作品に託したいと思います。
    そして、この作品が上演される頃には次の作品についても少しお話しできるかも知れませんのでお楽しみに!

    映像の方はまた新しいコンテンツにチャレンジです。
    まだまだ構想ばかりでなかなか地に足のつかない日々が続きますが、一つ一つ積み上げてそう遠くないうちにご報告ができればと思います。

    と言うわけで、今年で設立3年目となるまだまだ若輩者のconSeptです。そして考えてみたら初ブログ!
    設立当初から掲げている「Simple, Small but Special」が実行できているか節目節目に振り返っています。
    悩んだら帰る場所はここなのですー小さくて素朴でも特別なもの。
    2019年もそういうコンテンツを皆様にお届けできるよう尽力したいと思います。
    皆さんにとって幸多き一年になりますことを。

    conSept LLC
    代表 宋 元燮

    最近の投稿
    カテゴリー
    TOP PAGE