目が見えず、話すこともできない少女
千璃(セリ)」を巡る実話を
高橋亜子(脚本)×桑原まこ(作曲)
初コンビでミュージカル化!

「多様性」の暗闇に光を当てる
conSept新作ミュージカルは、
「ひとつのいのち」に贈る、
愛と祝福の物語!

原作:倉本美香
脚本・作詞:高橋亜子/
作曲・音楽監督:桑原まこ
演出・振付:下司尚実

山口乃々華 奥村佳恵 和田琢磨
植本純米 小林タカ鹿 樋口麻美 辰巳智秋 
内田靖子 長尾純子 小早川俊輔

東京:106 ⽇(⽊) 〜 16 ⽇(⽇) 博品館劇場
⼤阪:1022 ⽇(⼟) 〜 23 ⽇(⽇) 松下IMPホール

Introduction

“君には、どんな世界が見えてるの?”

イントロダクション

障害児を異国で育てる苦労、自身の心と身体との戦い、友人・家族との葛藤、娘・千璃(せり)の誕生にまつわる医療裁判、繰り返される娘の手術…。
原作『未完の贈り物(2012年刊)』には母であり異国の地で働くキャリアウーマンとしての倉本美香氏本人の視点から手記の形で千璃を取り巻く8年間のお話が綴られている。

今年、実在の千璃は19歳になる。今回のミュージカル化では、その千璃自身が感じたかも知れない事に想像を巡らせ、千璃とその母・美香、父・丈晴の親子3人を通して、人と人が共感し共存するということの本質について考えてみたい。

違うけど、でも同じ

「多様性」が日常的な言葉となって久しいこの頃。
見た目、性別、年齢、出自・・・生まれたその瞬間に決まってしまうものはある。
その中で育ちながら見て、聞いて、感じることもまたそれぞれ違うはずなのに、どこかで「違う」という当たり前のことに違和感や不快感を覚えながら多くの人が生きているのではないだろうか。 頭では分かっていても、自分が見てきた世界から抜け出せないジレンマ。
でもどれほど違っていても、暗闇の中で初めて触れた人の温かさが、誰にとっても実は同じものである意味を、千璃は教えてくれるのかも知れない。
違うけど、でも同じ。これは「ひとつのいのち」に贈る愛と祝福の物語だ。

高橋亜子×桑原まこ×下司尚実の
三人のクリエイターによる初コラボ

訳詞家として『ジャージー・ボーイズ』『メリー・ポピンズ』などの著名作品に携わる一方、近年は『フィスト・オブ・ノーススター ~北斗の拳~』『銀河鉄道999 THE MUSICAL』などの脚本でも注目を浴びる高橋亜子がconSeptのオリジナル作品に初参加。その脚本に音楽で寄り添うのは、conSeptのオリジナル作『いつか~one fine day』『GREY』で観客だけでなく評論家からも高い評価を得た桑原まこ。新たな作家とのコラボでどんな音が生まれるのか。生演奏で紡がれる音に注目したい。そして、これまでconSept作品に振付家として参加してきた「泥棒対策ライト」の下司尚実が自身初となるミュージカルの演出に挑戦する。自然体な身体表現作りに定評のある下司が千璃の生きる世界をどう表現するのか楽しみだ。

山口乃々華×奥村佳恵×和田琢磨、
フィールドの異なる3人の初共演

主演3人の一人目は、タイトルロールの千璃役・山口乃々華。振付も担当する下司との二人三脚で、目が見えず話すこともできない千璃を、得意とする身体能力を最大限に活かしどう表現するのか期待が膨らむ。
その千璃の母·美香を演じるのは蜷川幸雄氏に見出され最近では『LUNGS』で好評を得たことが記憶に新しい奥村佳恵。千璃とともに変化していく繊細な女性をどう作り上げるのか楽しみだ。また女性二人を支える父・丈晴役には主に2.5次元作品で活躍する和田琢磨が、自身初となるオリジナルミュージカルに挑む。その柔らかな声が作り上げる千璃の父親像に期待が高まる。
3人の親子を取り巻く面々には、幅広いジャンルで活躍する個性豊かな俳優陣が集結。
美香と敵対する産科医オオクボ役に花組芝居の植本純米、オオクボを弁護するセガール弁護士役に小林タカ鹿、美香からオオクボ告訴を相談されるミラー弁護士役に樋口麻美、オオクボと美香に事情聴取を行う書記官役に辰巳智秋、千璃に整形手術を進める形成外科医役に内田靖子、オオクボと美香の示談交渉を仲介するメディエーター役に長尾純子、千璃が通う特殊学校の先生役に小早川俊輔が抜擢された。

Comment

クリエイター・出演者からのコメント

高橋亜子
この作品は生まれつき両目の眼球がない少女の実話を元にしています。少女の母が書いた手記を読んだ時、胸に刺さった言葉がありました。それは「No Eyes」。アメリカで出産した母が、娘の障害を医師に宣告された時の言葉です。もちろん「眼球がない」ことを告げた言葉ですが、私の頭にはもっと広義の考えが巡りました。目を持たないとは何か?見えないとは何か?たとえ眼球があろうと、自分の視点でしか見ない人、見たくないものを見ないこと…それもまた「No Eyes」ではないか。そんな観点から、人が認め合うことを描く作品にしたいと思いました。一人の少女を巡り、それぞれの視点でぶつかり合い、認め合う人々の姿が見えてくれば良いなぁと思っています。
桑原まこ
今回はピアノ・ギター・マルチリード・チェロの4人で音を奏でることにしました。変わった編成だと思います。この編成でいこうとひらめきが私に届いた時、理由は一緒には届きませんでした。原作と台本を何度も読み、私に挑めるのかと悩む中で、その理由が私に教えてくれました。「千璃ちゃんがこの作品を観てくれたとき、音がカラフルであってほしい」と。音楽ができることは無限にあると信じていますが、どうしたって自分以外の気持ちの真実は、その人にしかわからないものです。だから最大限の想像力と優しさを持ってシンプルに。私らしく向き合っていきたいです。
下司尚実
SERIは実在する女の子とそのご両親のお話です。SERIさんがいるということ、彼女が住んでいる場所と日本は離れているけれど、同じ地球で私たちは今一緒に生きているということ。そしてそこに生まれた愛を、歌はもちろんですが、身体もめいっぱいに使って丁寧に描いていきたいと思います。
私自身さまざまな縁に恵まれて今ここに立っています。彼女の過ごした時間を舞台上に凝縮することは難しい作業だと思いますが、彼女とご両親が重ねたご縁のように、集まって下さった心強いキャスト、スタッフと共にパワフルに挑戦していきたいと思います。
山口乃々華
はじめまして。千璃役を演じさせていただきます、山口乃々華です。
以前、同じ原作を題材にしたリーディングミュージカル『ダスク』を観劇させていただいたことがあり、その際には、深く感情移入し、今でも鮮明に思い出せるほどの、張り詰めた空気を感じていました。
今回お話をいただいたときはご縁を感じましたが、それと同時にお受けするのに勇気がいりました。決して目を逸らすことをせずに、作品に向き合い続ける心が必要だと感じています。
両眼性無眼球症という難しい役ですが、想いを届けられるように演じていきたいと思います。
奥村佳恵
私は、ここまで向き合えるだろうか。
分身である我が子と、パートナーと、家族と、世界と。そして、他でもない自分自身と。
愛おしさも苦しみも、喜びもおそれも、心に降りかかるさまざまな思いを受け止めきれるだろうか。
誰かの心の中を見ることなんてできないし、誰もお互いを完璧に理解できない。
だけど孤独だからこそ、他者との繋がりをより温かく感じることができる。
私たちは誰かの存在の延長線上で、助け合って生きている。
光を手にするため、暗闇の中で途方もない闘いに挑み続けた美香さん。
圧倒的な当事者である彼女を、何もかも経験したことのない傍観者の私が演じるということ。
想像して、想像して。身体と声と心を器にして光を探したいと思います。
和田琢磨
丈晴役を演じます和田琢磨です。今回の作品「SERI」の台本を読んで、率直に胸が締めつけられました。容姿での優劣や世間に対するみえ、夫婦の価値観、家族を取り巻く普遍のテーマが随所に織り込まれてます。ついつい目を伏せがちなものばかりですが、同時にどれも身近なものであります。沢山の方にご覧頂きたいと思える作品に携わることが出来て光栄です。私自身、久しぶりのミュージカルですが精一杯努めたいと思います。ぜひ劇場にお運びください。

Synopsis

あらすじ

ニューヨークで暮らす美香と丈晴は子供を授かった。千璃と名付けられた女の子。
初めての子供に未来への希望と夢に膨らむ二人だったが生まれた子供には両眼ともに眼球がなく、知的障害も抱えていた。絶望し途方にくれる夫婦。特に母である美香は自身を責め、周りの目を気にし、そして意思疎通がままならない我が娘に困惑し疲弊していく。
ある日、思い詰めた美香はマンションの屋上から千璃とともに身を投げようとするが、そのとき屋上から見下ろしたマンハッタンのある情景を耳にした千璃が笑う。初めて目にした娘の笑顔に触れ、“この子と生きていこう”と強く誓う美香。
しかし、その決心の先には終わりが見えない千璃の手術、夫婦のすれ違い、周囲の非難、法廷闘争・・・など想像を絶する難題が幾重にも待ち受けていた。

Cast & Staff

CAST

山口乃々華(やまぐち ののか):千璃役
山口乃々華(やまぐち ののか):千璃役 1998年3月8日生まれ、埼玉県出身。2014年からオムニバスドラマ「恋文日和」第7話にて主演を務め女優業をスタート。映画『イタズラなKiss THE MOVIE』シリーズ、ドラマ·映画『HiGH & LOW』シリーズほか、2020年には『私がモテてどうすんだ』のヒロイン役など、数々の作品に出演。2020年末までE-girlsとしての活動を経て、2021年より女優業として本格的に活動を開始。2021年3月に初のミュージカル『INTERVIEW~お願い、誰か助けて~』に出演し、その後『ジェイミー』、『あなたの初恋探します』でヒロインを演じた。2022年7月に舞台『オッドタクシー』に出演。
奥村佳恵(おくむら かえ):美香役
奥村佳恵(おくむら かえ):美香役1989年5月31日生まれ、大阪府出身。 2008年、蜷川幸雄演出の音楽劇「ガラスの仮面」の姫川亜弓役で女優デビュー。続けて「95kgと97kgのあいだ」(09)、音楽劇「ガラスの仮面~二人のヘレン~」(10)と蜷川作品3本に起用され、その後「タンゴ-TANGO-」(10)、「天守物語」(11)、「障子の国のティンカーベル」(14)等に出演。また映像分野でも【TV ドラマ】「頭に来てもアホとは戦うな!」(NTV·19)、「赤い糸の女」(THK·12)、「新·ミナミの帝王」シリーズ(KTV·14-18)、「精霊の守り人 season1」(NHK·16)、【映画】「R100」(13)、「サニー/32」(18)等に出演し、注目を集める。近年の主な出演作に、【舞台】「THE CIRCUS!-エピソードFINAL-」(19)【映画】「王様になれ」(19)、「あの日のオルガン」(19)【TV】「浦安鉄筋家族」(20)などがある。
和田琢磨(わだ たくま):丈晴役
和田琢磨(わだ たくま):丈晴役山形県出身。
ミュージカル「テニスの王子様」2ndシーズンで6代目手塚国光役を演じる。2013年「遠い夏のゴッホ」ではスチュワート役を務めた。その後、舞台「ダイヤのA」御幸一也役。「刀剣乱舞」歌仙兼定役。「PSYCHO-PASS」嘉納火炉役。等数々の話題作に出演。2021年 作·演出:蓬莱竜太 PARCO劇場プロデュース「首切り王子愚かな女」に出演した。
2018年、関テレ·フジテレビ系「僕らは奇跡でできている」。日本テレビ系読売テレビ「人生が楽しくなる幸せの法則」。2021年、東海テレビ「#コールドゲーム」。2022年、台湾にて先駆けて放送された、実写ドラマ「腐男子バーテンダーの嗜み」主演。国内外問わず意欲的に映像作品にも出演している。今後も話題作の出演作品が控えている。
植本純米(うえもと じゅんまい):産科医オオクボ役ほか
植本純米(うえもと じゅんまい):
産科医オオクボ役ほか
岩手県出身。89年より劇団花組芝居に参加。 現代劇の女形として数多くのヒロインを演じ てきた。老若男女を問わない幅広い役柄で 小劇場からミュージカル、シェイクスピア劇など様々な舞台に出演。またテレビやラジオ の演劇番組のインタビュアーとしても長年活動 している。近年の舞台に音楽劇『ライムライト』、 こまつ座『イヌの仇討』、劇団☆新感線『メタルマクベス』、ケムリ研究室『ベイジルタウンの女神』、結城座『十一夜 あるいは星の輝く夜に』、『赤シャツ』、ピアノと物語『ジョルジュ』など。
小林タカ鹿(こばやし たかしか):セガール弁護士役ほか
小林タカ鹿(こばやし たかしか):
セガール弁護士役ほか
1997年よりナイロン100℃に参加。2000年同劇団を退団。
同2000年より劇団ペンギンプルペイルパイルズに参加。
2015年、コントユニット「WANTED」立ち上げ。
17年目に入った、人気ラジオドラマ「NISSANあ、安部礼司」では、主人公·安部礼司を今も演じ続けている。
ストレートプレイから、ミュージカル、ラジオドラマと活躍の場を広げ、バカバカしいコントから、クレイジーな犯罪者まで幅広くこなす。
樋口麻美(ひぐち あさみ):ミラー弁護士役ほか
樋口麻美(ひぐち あさみ):
ミラー弁護士役ほか
小学校の頃からクラシックバレエ、ジャズダンス、タップダンス、ピアノ、声楽の基礎を学ぶ。高校生の時に劇団四季オーディションに合格し、『キャッツ』『ライオンキング』『ウェストサイド物語』『コーラスライン』『ウィキッド』『アイーダ』『李香蘭』『マンマミーア!』など数々の作品で主要な役を演じた。退団後は『WEST SIDE STORY in STAGE AROUND 』アニータ、ミュージカル『ジェイミー』ミス·ヘッジほか、コンサートやミュージカルなどで多岐に渡り活躍中。国内オリジナルキャストの経験も豊富である。
https://www.asamihiguchi.com
辰巳智秋(たつみ ともあき):書記官役ほか
辰巳智秋(たつみ ともあき):
書記官役ほか
1976年生まれ、東京都出身。早稲田大学演劇研究会で活動。180センチ130キロの巨体を生かし、個性的なキャラクターを演じ、最近はミュージカルへの出演も多い。主な出演作品に【舞台】『ビリー·エリオット~リトル·ダンサー~』『マハゴニー市の興亡』『ラブ·ネバー·ダイ』『渦が森団地の眠れない子たち』『ウエスト·サイド·ストーリーSeason2』『マイ·フェア·レディー』『広島ジャンゴ』、【TV】「深夜食堂2」、【映画】「テルマエ·ロマエⅡ」等がある。
内田靖子(うちだ やすこ):形成外科医役ほか
内田靖子(うちだ やすこ):
形成外科医役ほか
東京都出身。彫刻家の會祖父、画家の祖父という芸術家系に育つ。少女期はスポーツ三昧の日々。桐朋学園芸術短期大学卒業後、舞台を中心に活躍。主な出演作にはシアターコクーン「ハムレット」(ギルデンスターン役)、「エンジェルス·イン·アメリカ」(ハーパー役)、カムカムミニキーナ「サナギ」(ナマコ役)、『ときじく ~富士山麓鸚鵡鳴~』、あやめ十八番「江戸系 宵蛍」、「音楽劇 百夜車」等。
長尾純子(ながお じゅんこ):メディエーター役ほか
長尾純子(ながお じゅんこ):
メディエーター役ほか
東京都出身。16歳より謝珠栄に師事。その後TSミュージカルファンデーション、音楽座/Rカンパニーを経る。近年は会話劇を中心に活動、また映像作品へも場を広げている。主な出演作として、<舞台>二兎社「書く女」、泥棒対策ライト「ドラマティック横丁」、ONEOR8「グレーのこと」<映画>近年公開予定「最後の乗客」<ドラマ>「特捜9」「警視庁ゼロ係」「ボイスⅡ」「らせんの迷宮」「パンドラの果実」等。
小早川俊輔(こばやかわ しゅんすけ):先生役ほか
小早川俊輔(こばやかわ しゅんすけ):
先生役ほか
1993年10月12日生まれ。大阪府出身。
早稲田大学演劇研究会を経て、2013年につかこうへい作の舞台「飛龍伝」で俳優デビュー。高い身体能力を生かし「テニス の王子様 3rdシーズン」、「プリンス· オブ·ストライド THE LIVE STAGE」に出演し一躍人気を博す。「白痴」、「銀河英雄伝説 Die Neue These」、「クロードと一緒に」では主演を務めるなど、舞台を中心に研鑽を積んでいる。近年はドラマ「MIU404」(TBS)、「封刃師」(朝日放送)など映像でも活躍している。最近の主な舞台出演作に「Kiss Me You ~がんばったシンプー達へ~」、「灼熱カバディ」、「たいせつ」などがある。

STAFF

脚本·作詞:高橋亜子(たかはこ あこ)
脚本·作詞:高橋亜子(たかはし あこ)脚本家·作詞家·訳詞家。ミュージカル劇団フォーリーズ在籍中にオリジナル脚本を書き始め、その後フリーとなる。オリジナル作品を書く一方、多くの翻訳ミュージカルで訳詞を手掛けている。2021年、『ダブル·トラブル』『グローリー·デイズ』にて小田島雄志·翻訳戯曲賞、受賞。近年の主な脚本作品に『フィスト·オブ·ノーススター ~北斗の拳~』、『銀河鉄道999 THE MUSICAL』。翻訳訳詞作品に『メリー·ポピンズ』、『ビリー·エリオット』、『ジャージー·ボーイズ』、『蜘蛛女のキス』、『ジャック·ザ·リッパ―』、『パレード』、『アナスタシア』など。
作曲·音楽監督:桑原まこ(くわばら まこ)
作曲·音楽監督:桑原まこ(くわばら まこ)東京音楽大学作曲科卒業。16歳で東映 画ニメ『女生徒』の音楽を担当。現在は舞台、映像、幅広いジャンルで活動を広げる。音楽監督、作編曲家としての主な作品は、映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』、アニメ『ステラのまほう』、IMY公演 あいまい劇場 其の壱『あくと』、ミュージカル『GREY』『Fly by Night~君がいた』『In This House~最後の夜、最初の朝~』、少女文學演劇『雨の塔』など。演奏家としては、ミュージカル『きみはいい人、チャーリー·ブラウン』『モンティ·パイソンのSPAMALOT』『EDGES』など。ミュージカル『いつか~one fine day』の作曲·演奏で、第27回読売演劇大賞、上半期スタッフ賞にノミネート。
演出·振付:下司尚実(しもつかさ なおみ)
演出·振付:下司尚実(しもつかさ なおみ)振付家·演出家·ダンサー。自由型ユニット“泥棒対策ライト”主宰。
ダンス、芝居、人形劇など様々な手法で日常の機微を描く作風が評判を呼び、MITAKA”Next”Selection、シアタートラム·ネクストジェネレーションに選出。
小野寺修二、野田秀樹の元で培った、物語に寄り添った身体表現が評価され、近年では板垣恭一、ノゾエ征爾、前川知大の作品など多くの公演で振付、ステージング参加している。
東京パラリンピック閉会式ではAFTER THE GAMESパートを担当。

原作:倉本美香『未完の贈り物』
脚本·作詞:高橋亜子
作曲·音楽監督:桑原まこ
演出·振付:下司尚実
美術:乘峯雅寛
照明:坂本明浩
衣裳:富永美夏
音響:島猛
ヘアメイク:田中エミ
振付助手:政岡由衣子
演出助手:有坂美紀
稽古ピアノ:安齋麗奈
舞台監督:菅原有紗

協力:enchanté、Heazelz、krei、LDH JAPAN、
   Theatre at Dawn,llc、オフィススリーアイズ、
   キューブ、プランニング·クレア(五十音順)

演奏:桑原まこ(Key.)、成尾憲治(Gt.)、
   山口宗真(Reed)、平井麻奈美(Vc.)

イラスト:日下明
宣伝デザイン:高橋誠己(think-small)
WEBデザイン:柚木竜也(aboka design)
宣伝衣裳:KO3UKE
宣伝ヘアメイク:田中エミ、矢野真一、水野久美子
スチール撮影:オノデラカズオ(f-me)
PV動画製作:深沢麿央
動画撮影:角直和(極楽映像社)

票券:田中理恵
宣伝協力:谷中理音
制作:たけだのりこ
制作助手:森彩音
運営協力:ぴあ株式会社(大阪公演)
アソシエイト·プロデューサー:川村徹也
プロデューサー:宋元燮

後援:一般社団法人未完の贈り物 / 製作支援:杉本事務所
企画·製作:conSept / 主催:conSept、関西テレビ放送

Schedule & Venue

上演日程/会場

東京 2022年10月6日(木)~10月16日(日) 博品館劇場
大阪 2022年10月22日(土)~10月23日(日) 松下IMPホール

公演スケジュール

■東京公演(博品館劇場)

10 6 7 8 9 10月・祝 11 12 13 14 15 16
12:30    
     
14:00              
17:30              
19:00            
10 6 7 8 9 10月・祝
12:30    
14:00        
17:30      
19:00      
10 11 12 13 14 15 16
12:30
     
14:00      
17:30        
19:00      

■大阪公演(松下IMPホール)

10 22 23
13:00  
15:00  

=アフタートーク有り

アフタートーク開催決定!!

下記の日程にてアフタートーク開催が決定しました。
各回、メンバーを変えて作品とリンクするテーマで実施しますので、是非アフタートーク実施会にご来場ください。

※政府及び自治体によるコロナウイルス感染症対策の方針によってアフタートークを中止する場合もありますので予めご了承ください。

《1回目:原作者と障害について考えてみる》

■実施日:10/9(日) 17:30公演終了後30分程度
■登壇者:倉本美香、岸田奈美、山口乃々華、奥村佳恵、植本純米(MC)

《2回目:クリエイターと作品の面白さについて語る》

■ 実施日:10/12(水) 14:00公演終了後30分程度
■登壇者:桑原まこ、下司尚実、和田琢磨、小早川俊輔、小林タカ鹿(MC)

《3回目:演出家と主演3人でクリエイションを振り返る》

■ 実施日:10/22(土) 15:00公演終了後30分程度
■登壇者:下司尚実、山口乃々華、奥村佳恵、和田琢磨、宋元燮(MC)

倉本美香
倉本美香プロフィール(1回目登壇) 東京生まれ、学習院大学卒。航空会社に勤務後、ニューヨークに移住。日系企業の米国進出をサポートするビジネスコンサルティング会社「OFFICE BEAD INC.」を主宰する一方で、語学アカデミーの企画運営など、海外で得たスキルを日本に逆輸入する様々な事業に携わる。国内で上梓した2冊の著書『未完の贈り物』(産経新聞出版)『生まれてくれてありがとう』(小学館)を英訳した『Born(e)』を海外出版。世の中で埋もれている「助けて」の声を拾い上げる「一般社団法人 未完の贈り物」理事を兼任。
岸田奈美
岸田奈美プロフィール(1回目登壇) 100文字で済むことを2000文字で書く作家。
1991年、兵庫県神戸市出身、関西学院大学人間福祉学部社会起業学科2014年卒。 在学中に株式会社ミライロに創業メンバーとして加入、10年に渡り広報部長を務めたのち、作家として独立。 世界経済フォーラムグローバルシェイパーズ。 Forbes 「30 UNDER 30 JAPAN 2020」「30 UNDER 30 Asia 2021」選出。 著書に『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』『傘のさし方がわからない』(共に小学館)、『もうあかんわ日記』(ライツ社)がある。

Ticket

チケット料金
(全席指定・税込、東京・大阪共通)

SS席:
11,500円
SA席:
10,500円
A席:
9,000円
C席:
7,000円

《アクセシビリティサービスを拡充!》

車椅子席に加え、耳が聞こえない、聞こえにくい方や、目が見えない、見えづらい方にもお楽しみいただけるようなサービスを用意しました。詳細は下記よりご確認ください。

アクセシビリティ・サービス詳細

https://www.consept-s.com/news/2022/09/22/10870/

注意事項

※未就学児はご入場いただけません。
※開演後は本来のお席にご案内できない場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※公演中止の場合を除き、チケットの変更・払戻しはいたしません。
※車椅子席は東京はA席、大阪はC席扱いとなります。ご希望の方は事前に必ずorder@consept-s.comまでご連絡ください。

座席表

チケット発売日

  • チケットぴあ独占先行:7月23日(土)~8月7日(日)
  • プレイガイド先行:8月13日(土)〜21日(日)
  • 一般発売:8月27日(土)〜

PLAYGUIDE

MEDIA

■Astage-アステージ-:ビジュアル撮影レポート

https://www.astage-ent.com/stage-musical/s206311.html

■SPICE:山口乃々華×奥村佳恵×和田琢磨 初共演の3人が語る

https://spice.eplus.jp/articles/306481

■エンタミーゴ!:『SERI~ひとつのいのち』取材会レポート

https://writickt.com/seri/

■ザ・テレビジョン:和田琢磨、初のオリジナルミュージカル挑戦

https://news.yahoo.co.jp/articles/21cdebe62f8f4e358446d12605998e3a96761fd4

■関西テレビ合同取材会:山口乃々華&奥村佳恵&和田琢磨

https://www.ktv.jp/kanteletimes/detail.html?pageid=c0787c1e15c24474adc8b293cfbcd0c3

TOPへ