サイドウェイ

2021年3月東京芸術劇場
シアターイーストにて上演!

“人生に迷っている瞬間・・・
その先へ一歩踏み出す勇気”

conSept初となるストレートプレイは原作者レックス・ピケットによって戯曲化された、
米アカデミー賞受賞の大ヒット作『サイドウェイ』をお届けします!

INTRODUCTION

レックス・ピケットの原作からなる映画『サイドウェイ』は米アカデミー賞の他、世界中で大小350もの賞を受賞しただけでなく、世界中にカリフォルニアワインとピノ・ノワールの魅力を伝え、ワイン産業にまで多大な影響を与えたと言われています。
2000年代のバディ・ロードムービーの代名詞ともなった本作を原作者レックス・ピケット本人による戯曲で舞台化!
そして本作の日本語上演台本・演出は、独特なテンポ感とテーマでシニカルでありながら人間味溢れる世界観を作り出す劇作家であり演出家でもある古川貴義(箱庭円舞曲)が手掛けます。

サイドウェイ

脇道だって人生の一部です

目標がある人は羨ましいけど、いつだって目標通りに生きていけるわけじゃない。
気楽に生きてる人は羨ましいけど、そんなに毎日ヘラヘラ笑ってなんて過ごせない。
誰かを愛するときですらプライドが気持ちを邪魔する瞬間があるし、愛していると言いながら欲望を満たしたいだけのときだってある。
どうしようもない自分に打ちのめされてガッカリしているとき、思い描いた人生からちょっと脇道に逸れたとしても、まあいいじゃないか、そう言ってグラスを傾けられる瞬間があるなら。

中年街道まっしぐらの男二人、熟成していくワインのように味わい深くなれるのか?

マイルスとジャックは古い友人。マイルスはしがない脚本の請負仕事をこなしながら夢である小説家を目指し、ジャックは鳴かず飛ばずの俳優業の傍ら、テレビ番組のディレクターで生計を立てている。
どちらも40代の中年街道突入をきっかけに人生の転機を狙うが、一方では大きな選択の岐路に立たされている。小説家を諦めて、別の人生の選択を迫られるマイルス、そして華やかな俳優業を断念して家庭に落ち着くか悩むジャック。
果たして、二人は苦難(?)を乗り越えて味わい深い中年の人生を謳歌できるのか?!

映画評をご紹介

  • ★異常なほど楽しいコメディなだけでなくメランコリックでさえある!−The Hollywooe Reporter
  • ★アメリカの映画史に残るような生き生きとした4人のキャラクターが生み出された。しかもこのほろ苦い映画は特別なマジック無しに作られていることが驚きだ!−Newsweek
  • ★バディ・ロードムービーの新たな地平を作り出したこの作品には二人の中年男性に捧げられた希望と詩情が詰まっている−New York Post

サイドウェイ(映画)
¥1,905+税 発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

サイドウェイ

サイドウェイ(映画)
¥1,905+税 発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

CHARACTER

STORY

請負でテレビドラマや映画の脚本書きをしているマイルス(藤重政孝)は小説家として一本立ちする夢を捨てきれないまま40代になってしまった。いつまでも離婚の痛手を引きずり神経質なところのある彼は、ワインのことになると一家言もつこだわり派。そんな彼の古い親友で、いまは落ち目の俳優兼テレビディレクターであるジャック(石井一孝)がついに結婚することに。そこでマイルスは、結婚前最後の独身旅行を男2人で楽しもうと、安ワインの味しか知らないジャックをカリフォルニアのワイナリー巡りの旅へと連れ出す。バチェラー・パーティーよろしく、ハメをはずすことしか考えてないジャックに対し、必死にワインの素晴らしさを語って聞かせるマイルスだったがジャックの興味はやっぱりワインより女。
そんな二人が訪れたサンタ・イネズ・バレーのワインレストランには店員として勤める女性、マヤ(壮一帆)がいる。マイルスとマヤは顔なじみで互いに興味を惹かれるがなかなか距離を縮められない。一方、マヤの友人でワイナリーのテイスティング・マネージャーをしているテラ(富田麻帆)と一目で惚れ合ってしまったジャックは、いきなり初対面で熱い夜を共に過ごす。そんな二人を横目にマイルスとマヤの関係はどこかぎこちない。見兼ねたジャックが二人をけしかけ上手くいきかけるが、そんなタイミングでジャックが1週間後に結婚するということがバレてしまいマヤとテラは激怒。マイルスとジャックの気ままな二人旅に暗雲が立ち込める。

CAST

STAFF

原作・脚本:レックス・ピケット
翻訳:主計大輔
日本語上演台本・演出:古川貴義(箱庭円舞曲)
舞台美術:稲田美智子
照明:南香織(LICHT-ER)
衣裳:KO3UKE
音響:岡田 悠(One-Space)
ヘアメイク:竹節嘉恵
音楽:国広和毅
演出助手:城田美樹
舞台監督:上田光成(ニケステージワークス)

衣裳協力:WEGO、HARAJUKU CHICAGO、BIG TIME
協力: ap factory、is、キューブ、サードゲートエージェンシー、サンズエンタテインメント、スタジオ・サンパティック

宣伝デザイン:高橋誠己(think-small)
ウェブデザイン:柚木竜也(aboka design)
スチール撮影:安藤毅
PV撮影:角直和(極楽映像社)
PVアニメーション:佐竹大樹
PV製作:深沢麿央
票券:林晴美
宣伝:大林里枝
制作:横田梓水、田中理恵
制作助手:阿部楓
プロデューサー:宋元燮

製作支援:SWING
企画・製作・主催:conSept

SCHEDULE & VENUE

[会場] 東京芸術劇場シアターイースト

[日程] 2021年3月17日(水)〜25日(木)

3
17 18 19 20 21 22 23 24 25
  14:00   13:00 14:00 14:00 14:00 13:00
19:00 19:00 19:00 18:00   19:00 19:00  
※開場は開演の30分前 ※未就学児入場不可

TICKET

4つのワインから選べる贅沢!

ボトルワイン付きチケットは4種類のワインから選択していただけます。
カリフォルニアの伝統あるワイナリー、ロバート・モンダヴィから4種類をチョイスしましたのでご紹介します。

ピノ・ノワール
ピノ・ノワール(赤)
ストロベリー、バラの花びら、ヴァニラを思わせる、ピノ・ノワールらしい魅惑的で複雑なアロマ。絹のようになめらかな舌触り、チェリーやラズベリーのエレガントで華やかな味わいです。
マイルス
程よい酸味と鼻に抜けるほのかなフルーツティーさが、どんな料理やテーブルにも華を添える様な赤。
推し引き上手なピノを、是非お試しあれ。
カベルネ・ソーヴィニヨン(赤) バーボン・バレルエイジド
カベルネ・ソーヴィニヨン(赤) バーボン・バレルエイジド
このワインは、カリフォルニアのワイン造りの技と、アメリカ南部のバーボン・ウイスキー熟成の伝統が出会って誕生した新しいスタイルで、ヴァニラや香ばしいオークの香りと、熟した黒い果実の風味が印象的です。
テラ
香りが良く食欲そそるワイン。
ガツンとくる感じもお酒好きにはたまらない。
熟成の新しいスタイルらしい味わいを、是非試してみて!
ソーヴィニヨン・ブラン(白)
ソーヴィニヨン・ブラン(白)
青草、グレープフルーツ、レモンの皮を思わせるアロマに、ピーマンやミネラルのニュアンス。レモンやスイカズラ、メロンの味わい。クリーンではつらつとした酸が魅力のワインです。
マヤ
辛口好きとしては大変好みの味です!
軽すぎず奥深い味わいがあり、生ハムと合わせてみたいですね。
シャルドネ(白) バーボン・バレルエイジド
シャルドネ(白) バーボン・バレルエイジド
このワインは、カリフォルニアのワイン造りの技と、アメリカ南部のバーボン・ウイスキー熟成の伝統が出会って誕生した新しいスタイルで、シャルドネのリッチでクリーミーな凝縮感が印象的です。
ジャック
ジャックです。このホワイトは口に含んだ時とあと味が少し違うんだ。最初は爽やかでフルーティな味わい。それが喉を通すとパンチのある芳醇な深みに変わる。可憐な娘さんがいつしか色っぽいレディに変わっていくような感じかな(あほ)。そんな私、グラスを飲み干したら頭グルングルンになりました。って弱いんか~い!Hey Baby、俺と共に夜を飲み干さないか?

MOVIE

TOPへ