news

2021/02/10news リリース案内

2021年度ラインナップ3作品発表!

conSeptの2021年度ラインナップ、3作品が決定しました!
再演、新作、そして『サイドウェイ』に続く演劇作品まで、目白押し!!

■□■『いつか〜one fine day』再演決定!!■□■
『いつか〜one fine day 2021』 Musical Drama #5

2019年の世界初演で話題となったconSeptのオリジナル作品がキャストを新たに上演決定となりました!
その音楽が第27回読売演劇大賞上半期スタッフ賞にノミネートされた本作。是非ご注目ください。

■上演時期:2021年6月9日(水)〜20日(日)
■会場:CBGKシブゲキ!!
■主なスタッフ
原作:映画『One Day』
脚本・作詞・演出:板垣恭一
作曲・音楽監督:桑原まこ
■出演
藤岡正明、皆本麻帆、松原凜子、西川大貴、藤重政孝、大薮丘、浜崎香帆、土居裕子

https://www.consept-s.com/itsuka2021

 

■□■完全オリジナル新作ミュージカル『GREY』■□■
『GREY』Musical Drama #6

conSept初の完全オリジナル新作ミュージカルが登場します!

conSeptオリジナル・ミュージカル作品第2弾となる本作は、初の完全オリジナル作品。
『いつか〜one fine day』のコンビ、板垣恭一(脚本・演出)と桑原まこ(作曲)が本作の世界を作り上げます。
『いつか〜one fine day』でも珠玉の歌詞を紡いだ板垣恭一による書き下ろし新作は、「正義は誰のためにあるのか」「優しさとは何か」について問いかける作品になる予定。
読売演劇大賞ノミネート後、初のオリジナルミュージカル作曲となる桑原まこの音楽にも注目です。

■上演時期:2021年12月
■会場:俳優座劇場
■主なスタッフ
脚本・演出:板垣恭一
作曲・音楽監督:桑原まこ
■出演
後日発表

 

■□■2020年本屋大賞受1位『アーモンド』が舞台版に■□■
『アーモンド』 Young Adultシリーズ第1弾

conSept 5周年記念公演として、2020年本屋大賞翻訳小説部門1位に輝いた韓国発のヤングアダルト小説「アーモンド」を舞台化!

もっと多くの若年層やファミリー層に舞台公演を観劇していただきたいという思いを込めて、ヤングアダルト小説作品の舞台化をテーマに新たなシリーズを立ち上げました。
本作を始めとする良質なヤングアダルト小説は、その主な登場人物が青少年で、その年代特有の悩みについて語られていると同時に、年代に関係なく一度は考えるべき社会問題も内包しています。
そんなヤングアダルト・シリーズの第1弾としてお届けするのが本作『アーモンド』。
多くの読者が、他者を思い理解する難しさについて共感したというこの作品を手がけるのは今やconSept作品には欠かせない演出家・脚本家の板垣恭一。
板垣が標榜するエンタメと社会を見つめる視線から『アーモンド』が舞台作品としてどう生まれ変わるのかご期待ください!

■上演時期:2022年3月
■会場:シアタートラム
■主なスタッフ
脚本・演出:板垣恭一
音楽:桑原まこ
■出演
出演者オーディションを開催いたします!
主要3役については2021年2月〜3月にかけてオーディションを実施します。
詳細は下記のURLからご確認ください。
https://www.consept-s.com/audition/

2021/01/29news リリース案内

conSept-movieがリニューアルしました

■□■『いつか〜one fine day』の初演版&コンサート版配信■□■
コロナ禍の中、舞台公演の動画配信のために立ち上げたconSept-movieがリニューアルしました。
リニューアルと同時に『いつか〜one fine day』の初演版と記憶に新しい昨年11月のコンサート版の収録動画を配信する運びとなりました。

初演版は出演者により音声コメンタリーに加え、聴覚障害者用の字幕版、4K版も同時配信いたします。

またconSept代表の宋が発起人を務めた「舞台芸術を未来に繋ぐ基金」が昨年12月に主催したオフラインイベント『Mirai CHANNEL on LIVE』の全5ステージも同時配信いたします。

配信期間は2021年2月末までとなりますので、この機会に是非ご視聴ください!

https://consept-movie.myshopify.com

2020/09/11news リリース案内

速報!!『いつか〜one fine day』in Concert

■□■『いつか〜one fine day』がコンサート版で帰ってきます■□■
「大事な人とみたい」「自分の内面と深く向き合えた」「誰かと語り合いたくなった」
と多くの観客から共感を得たconSeptのオリジナル・ミュージカル作品が初演メンバー揃い踏みで1年半振りにコンサート版で帰ってきます!

ミュージカルというジャンルながら、現代を生きる普通の人たちの日常を切り取り、その心に抱える痛みや迷いを8人の登場人物のそれぞれの立場に投影し音楽を通して紡いだ『いつか〜one fine day』。

たった2日間3ステージのみの限定公演ですが、是非お見逃しなく!

■原作:映画『One Day』/脚本・作詞:板垣恭一/作曲:桑原まこ
■出演:藤岡正明、皆本麻帆、佃井皆美、和田清香、荒田至法、入来茉里、小林タカ鹿、内海啓貴
■演奏:桑原まこ(Key)、荒井桃子(Vn)、石貝梨華(Vc)、成尾憲治(Gt)

■日時:11月5日(木) 19:00 /6日(金) 14:00、19:00
https://www.consept-s.com/itsu-con

■会場:神田明神ホール
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2 神田明神文化交流館2F
http://myoujin-hall.jp/access/

■チケット料金:10,000円(税込・全席指定)
■チケット発売日:10月3日(土)10:00〜

■ライブ配信予定有り(詳細は後日発表)

■舞台版のリンク
https://www.consept-s.com/itsuka/

2020/05/22news リリース案内

【発売日延期】Fly By Night〜君がいた

■□■発売日延期のお知らせ■□■

9月公演 #flybynight について当初5/25日を予定していたプレイガイド先行及び6/28日を予定していた一般発売について、諸事情により下記の通り変更する運びとなりました。

ご理解の上どうぞよろしくお願いします。

■世田谷パブリックシアター先行発売:
友の会先行=未定
せたがやアーツカード先行=未定
■プレイガイド先行発売日:6月20日
■一般発売日:7月18日

【公演に関する情報】
■公演公式サイト 
https://www.consept-s.com/fbn/

2020/04/23news リリース案内

【速報】全ての舞台芸術関係者に贈る公益基⾦を⽴ち上げます

新型コロナウイルス感染症被害対策:舞台芸術を未来に繋ぐ基⾦

この度、舞台公演製作会社であるconSept合同会社と経営コンサルティング及び舞台公演投資会社である杉本事務所は全ての舞台芸術関係者(出演者、クリエイター、スタッフ、その他関係者)に対する⽀援を⾏う⽬的の公益基⾦「新型コロナウイルス感染症被害対策:舞台芸術を未来に繋ぐ基⾦=Mirai Performing Arts Fund」を4⽉28⽇(⽕)からMotionGallery上に⽴ち上げる運びとなりました。
またこの公益基⾦を応援してくださる賛同者の代表として板垣恭⼀さん(脚本家・演出家)、伊礼彼⽅さん(俳優)が参加してくださっています。

 

【公益基⾦とプロジェクトの⽬的について】
この公益基⾦では、寄付による原資を使い、新型コロナウイルス感染症の拡⼤防⽌によって活動停⽌を余儀なくされた舞台芸術に携わる出演者・クリエイター・スタッフ(個⼈、団体問わず)に対して今後の活動に必要な資⾦を助成します。

クラウドファンディングサイトであるMotionGalleryのページ上に基⾦を設⽴してはいますが、公益基⾦である事から本プロジェクトのリターンは税制優遇措置を受けられる領収書の発⾏のみとなっています。
またMotionGalleryさんが実施されているコロナウイルス対策⽀援プログラムにより、募⾦⽬標額である1億円に達しなくてもプロジェクト成⽴となる仕組みになっています(https://motion-gallery.net/blog/suportprogram)。

今回敢えて公益基⾦としたのは舞台ファンのみならずよりたくさんの⽅に⽀援していただきたいためであり、多額の⽀援⾦を特定のアーティストなどに集約して助成せず、出来るだけ多くの舞台関係者に⽀援が⾏き届くようにしたいためです。

※リターンとは、⾃分のプロジェクトを応援してくれる⽀援者にお返しする品物やサービスのこと。

 

【⼼に安らぎを、未来に創造を】
今も多くの出演者やクリエイター、スタッフが普段とは違う形でSNSやYouTubeを通して世の中を⿎舞したり慰めたり安らぎを提供するための努⼒を続けています。それら全ては本来対価が⽀払われて成り⽴つものですが、今は対価を求めにくい状況下で彼らは⾃分たちの社会的な存在価値を試されているという部分もあると思います。
ほんの少しでもそんな彼らへの⽀えと後押しが出来ればと思って本基⾦の設⽴に⾄った次第です。全世界が苦境に⽴たされている状況ではありますが、これまでの⼈⽣で少しでもエンタメや舞台芸術によって楽しみを得たり思い出を持つ事が出来たと思われる⽅は、皆さん個々の可能な範囲で結構ですので舞台芸術を未来に繋げられるよう応援していただけますと幸いです。

募⾦サイトは4⽉28⽇(⽕)に公開される予定で、寄付の⽅法、助成申請⽅法等については、公開されるサイトにて詳しくご案内いたします。

 

【募⾦に関する情報】
■タイトル:新型コロナウイルス感染症被害対策:舞台芸術を未来に繋ぐ基⾦=Mirai Performing Arts Fund
■ハッシュタグ:#butainomirai
■公開予定⽇:2020年4⽉28⽇(⽕)
■募⾦⽬標額:1億円
■募⾦サイト https://motion-gallery.net/projects/butainomirai  ※リンクが有効になるのは公開予定日からです。
■運営事務局:公益財団法⼈パブリックリソース財団
■幹事(基⾦⽴上げ⼈):conSept合同会社、杉本事務所
■賛同⼈代表:板垣恭⼀(脚本家・演出家)、伊礼彼⽅(俳優)
■ロゴデザイン:⾼橋誠⼰(think_small)

 


板垣恭⼀ Kyoichi Itagaki
演出家・脚本家。⽇⼤芸術学部演劇学科、第三舞台を経て演出家に。「社会派エンタテインメント」というジャンルの確⽴を模索中。近作に『Hundred Days』、『いつか one fine da y』、『グーテンバーグ!ザ・ミュージカル2019』、『In This House 〜最後の夜、最初の朝〜』、『フランケンシュタイン』など。
⽇本版脚本&歌詞・演出を担当した『FACTORY GIRLS 〜私が描く物語〜』が第27回読売演劇⼤賞優秀作品賞を受賞。

 

 


伊礼彼⽅ Kanata Irei
沖縄県出⾝の⽗とチリ出⾝の⺟の間に⽣まれる。幼少期は海外(アルゼンチン)で過ごし、その後、横浜へ。中学⽣の頃より⾳楽活動を始め、ライブ等で活動しながらミュージカルと出会い『テニスの王⼦様』で舞台デビュー。2008年『エリザベート』ルドルフ役に抜擢され、その後、舞台を中⼼にミュージカル以外にもストレートプレイや朗読劇、ライブコンサートなどジャンルや役柄を問わず、幅広い表現⼒と歌唱⼒を武器に多⽅⾯で活動中。2019年には藤井隆プロデュースでミュージカル・カバー・アルバム『Elegante』をリリース。
近年の主な舞台作に『ジャージー・ボーイズ』(2018年)、『レ・ミゼラブル』(2019年)、『星の王⼦さま』(2020年)、5⽉〜9⽉『ミス・サイゴン』エンジニア役は全公演が中⽌に。今秋には『ビューティフル』(帝国劇場)が控えている。

 

【賛同⼈を募っています!】
この公益基⾦では賛同⼈となってくださる舞台関係者を募っています。
賛同⼈となった⽅(企業・団体)は募⾦サイトにお名前を掲載し、募⾦活動の広報にご協⼒いただく事となります。賛同⼈であっても助成申請を⾏う事は可能ですので、詳しい内容を知りたい⽅は下記までご連絡ください。
また募⾦開始後も随時受付いたしますので、より多くの⽅に情報が届くようご協⼒どうぞよろしくお願いします。

■お問合せ先:info@consept-s.com 宋(そん)宛

 

【運営事務局】
公益財団法⼈パブリックリソース財団(東京都中央区湊)
久住 剛(代表理事・理事⻑) 岸本 幸⼦(代表理事・専務理事)

2000年1⽉に、市⺠活動やNPOに関わる実践者や学識者などが中⼼となって設⽴した市⺠による⾮営利・実践型のシン クタンク、パブリックリソースセンターとして活動を開始。
2013 年1⽉、「誰かの⼒になりたい」という⼈びとの志を寄付で実現するために、個⼈や企業の資⾦⼒を社会的事業への投資につなぐ 寄付推進の専⾨組織「公益財団法⼈パブリックリソース財団」として新たなスタートを切る。
「意志ある寄付」で社会を変える、これがパブリックリソース財団の使命である。
私たちは、⼈びとの暮らしや社会の中から未来のビジョンを掬いとり、意志ある⼈びとや企業の寄付によって、社会を変 えるお⾦の流れをつくる、「責任ある寄付推進組織」となり、⼈間の⽣命と尊厳が守られる持続可能な社会の創造を⽬指 している。

 

【幹事会社】
conSept合同会社 代表 宋元燮(東京都世⽥⾕区桜新町)

2016年10⽉にconSeptを設⽴。2017年6⽉に法⼈化。
映像コンテンツと舞台公演の企画プロデュースを主業務としている。

映像コンテンツにおいては4K、AR、VRなどのハイエンド技術を活⽤したテレビ番組やプロネタリウム向けコンテンツ、
アプリ、サイネージなどを⼿掛ける。
舞台公演はミュージカルを主とし、年2〜3本のプロデュース公演を実施。
これまでのプロデュース作に『グーテンバーグ・ザ・ミュージカル』『深夜⾷堂』『In This House〜最後の夜、最初の朝〜』『HUNDRED DAYS』などが有り、2019年4⽉にシアタートラムで上演されたオリジナル作品『いつか〜one fine day』は⼤きな話題を呼んだ。
Simple、Small but Spcialをテーマに⼩規模で簡素でも特別なものをお届けする事を⽬指している。

杉本事務所 代表 杉本 宏(東京都中央区銀座)

2012年より経営コンサルティング業を営み、主に企業の東南アジア進出・展開の⽀援及びM&Aの助⾔を主業としている

それとは別に、2011年に株式会社ショウビズ(東京都世⽥⾕区代⽥)を共同設⽴し、(1)年間2〜3本のミュージカ ル、演劇などの舞台公演を製作し、(2)4名の舞台俳優をマネジメントしている。2019年10⽉からは、杉本事務所に おいて舞台公演製作における初期資⾦の投資を⾏い、2020年4⽉現在、4件の投資を実⾏している。

2020/03/31news リリース案内

conSept作品のアーカイブを期間限定配信

■□■conSeptの過去作品のアーカイブを配信します■□■
この度、新型コロナウイルスの影響で劇場の閉鎖が続く中、少しでも観劇の機会をご提供できないかと思案した結果、多くの権利者の協力を得てconSeptの過去作の一部を期間限定で配信させていただく運びとなりました。

●配信期間:2020年4月1日〜30日
●配信予定作品:
『In This House〜最後の夜、最初の朝〜』2018初演版
『いつか〜one fine day』
『In This House〜最後の夜、最初の朝〜』2019再演版

※In This House 2019再演版の映像は販売中のDVDとは別会場のものとなります。
※配信は有料となります(1回のレンタル購入で48時間ご覧いただけます)。
※動画は観客席最後部からカメラ1台の定点で撮影されたものです。

視聴方法等のより詳しい情報は配信サイトよりご確認ください。
https://www.conseptmovie.com

2020/03/10公演情報

Musical Drama #4 『Fly By Night〜君がいた』の詳細情報を発表

■□■『Fly By Night~君がいた』主催者先行は4月15日から■□■

『In This House~最後の夜、最初の朝~』『いつか~one fine day』に続く
conSeptのMusical Dramaシリーズ第4弾は、停電の夜を舞台にしたロマンティックな群像劇ミュージカル!

その詳細日程を公式サイトリニューアルとともに公開しました。
主催者先行にてご購入の方に限りオリジナルのピクチャーチケットをお届けします!

■Ticket & Schedule
[チケット発売日:東京公演、横浜公演共通]
●主催者先行発売:4月15日(水)
●世田谷パブリックシアター先行発売:
友の会先行=5月23日(土)
せたがやアーツカード先行=5月24日(日)
●プレガイド先行発売:5月25日(月)
●一般発売:6月28日(日)

【会場と公演日程】
■シアタートラム
日程:2020年9月1日(火)~13日(日)

■横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール
日程:9月19日(土)~22日(火・祝)

より詳しい情報は公式サイトからご確認ください。

■公演公式サイト https://www.consept-s.com/fbn/

【主なクリエイター】
原案:キム・ロゼンストック
脚本・作詞・作曲:ウィル・コノリー、マイケル・ミットニック、キム・ ロゼンストック

日本語上演台本・訳詞・演出:板垣恭一
音楽監督:桑原まこ

【出演】
内藤大希
青野紗穂 万里紗 遠山裕介 内田紳一郎 / 福井晶一
原田優一

2019/08/08公演情報

藤岡正明&木村花代による2人ミュージカル上演決定!:Hundred Days

2020年、最初にお届けするconSeptの舞台公演は藤岡正明、木村花代による2人ミュージカル『Hundred Days』となりました!

本作は2018年にルシール・ローテル賞最優秀ミュージカル賞にノミネートされたオフブロードウェイ作品で、現在も全米ツアー真っ最中の作品です。
ロックライブのように展開される形式は『ヘドウィグ&アングリーインチ』を想像していていただければ分かりやすいと思います。

本国にて、ソンドハイムの次の時代へようやく進んだと評価されたその音楽は激しさとキャッチーさが共存する熱量のこもった優しい愛の歌で綴られています。

その歌をお届けする主人公2人を担うのは演技、音楽ともにその実力を疑う余地のないお二人、藤岡正明さんと木村花代さんです。

また台本・演出はconSept作品では欠かせない存在となった板垣恭一さんが、音楽監督は読売演劇大賞の2019年上半期スタッフ賞(『いつか〜one fine day』の音楽と演奏に対して)にノミネートされたばかりの桑原まこさんが担当します。

詳細は10月に発表予定ですので、公式サイトも是非チェックしてください!

■公式サイト https://www.consept-s.com/100days

【公演日程】
■会場:シアターモリエール
2020年2月20日(木)〜24日(月・祝)

■会場:中野ザ・ポケット
2020年3月4日(水)〜8日(日)

2019/07/26公演情報

2019読売演劇大賞上半期ベスト5に選出!:いつか〜one fine day

2019年4月にシアタートラムで上演されたconSept初のオリジナル・ミュージカル『いつか〜one fine day』から作曲の桑原まこさんが2019年読売演劇大賞上半期スタッフ賞ベスト5に選出されました!おめでとうございます🎉

上演中から多くの方に楽曲の素晴らしさについてお褒めの言葉をいただいていましたが、今回このような評価をいただきカンパニーとしても嬉しい限りです。
スタッフ&関係者の皆様、ご来場いただいた皆様改めましてありがとうございました!
せっかくですのが、その楽曲の一つをもう一度お楽しみください^^
♪うつしおみ

2019/07/06公演情報

『劇と暮らし』プロジェクトがいよいよ霞が関ビルで演劇作品を上演!!

2017年から企業文化と演劇文化の融合を目指して活動をし続けている『劇と暮らし』が新フェーズを迎え、いよいよ霞が関ビルで演劇作品の上演を行う運びとなりました。

現在7月25(金)を締め切りに参加者の募集を行っており、8月5日(月)に実技オーディションを実施する運びです。
今回はリニューアルしたばかりの霞が関ビル内にあるプラザホールを拠点に稽古と本番を行いながら、ビル内でビジネスパーソンとの交流も行っていこうと考えています。

下記の事に思い当たることがあるかたは是非応募してみてください。

#プロの演出家のディレクションのもとで演劇作りに参加してみたい!
#日中アルバイトが可能な環境で演劇作りに参加したい!
#大小関わらずもっと演劇を観る人が増えて欲しいと願っている!
#オフィスビルから演劇を発信するのって面白そうと感じた!
#ビジネスパーソンと知り合ってみたい!
#とにかく演技をする機会が欲しい!

プロジェクト及びオーディションに関する詳細は以下からご確認ください。
ご参加お待ちしています!

TOP PAGE