news最新情報

2019/03/25

Music PV「うつしおみ=現人」を公開しました。

2019/03/22

ブログを更新しました:『いつか』顔合わせ、本読みレポート

2019/03/20

ブログを更新しました:原作映画『One Day』のイ・ユンギ監督来日決定!

2019/03/19

ブログを更新しました:ダイアローグ・イン・ザ・ダークによるワークショップ・レポート 

2019/02/26

ブログを更新しました:『いつか』50人限定参加の無料プレイベント開催決定!! 

2019/02/12

ブログを更新しました:『いつか』PV撮影インタビュー〜和田清香編

2019/02/08

ブログを更新しました:『いつか』PV撮影インタビュー〜内海啓貴編

2019/02/05

ブログを更新しました:『いつか』PV撮影インタビュー〜入来茉里編

2019/02/01

ブログを更新しました:『いつか』PV撮影インタビュー〜小林タカ鹿編

2019/01/29

ブログを更新しました:『いつか』PV撮影インタビュー〜佃井皆美編

2019/01/25

ブログを更新しました:『いつか』PV撮影インタビュー〜荒田至法編

2019/01/22

ブログを更新しました:『いつか』PV撮影インタビュー〜皆本麻帆編

2019/01/18

ブログを更新しました:『いつか』PV撮影インタビュー〜藤岡正明編

2019/01/13

チケット発送について:主催者先行を含む全てのチケットの発送は2月中旬以降に順次行う予定となっています。お手元に届くまで今しばらくお待ちください。

2019/01/11

オフィシャルPVのフルバージョンアップしました。

2018/12/25

オフィシャルPVのショートバージョンアップしました。

2018/12/14

【訂正】本日お知らせした主催者先行の当落案内でご入金の〆切に誤りがあったので訂正とお詫びを申し上げます。
【訂正前】12/19(木)→【訂正後】12/19(水)

2018/12/14

本日、主催者先行の当落発表のご案内メールを送信いたしました。
●お問合せ:ticket@consept-s.com (お申込番号とお名前をご記載下さい)

2018/12/10

主催者先行のお申込み受付は終了いたしました。
お申込み頂いた方には、12月14日(金)に当落のご案内メールをお送りいたしますので、しばらくお待ちください。

2018/12/03

公式先行受付を開始しました(12/9まで)申込みはこちらから

blogブログ

2019/03/22

3月11日、午後。都内の稽古場に入るとパリッと引き締まった空気が感じられました。
「いつか〜 one fine day」顔合わせ。集まったのは、8人の役者、脚本・作詞・演出を務める板垣恭一、作曲・音楽監督の桑原まこ、そして美術、照明、音響、衣裳、舞台監督などスタッフ一同、さらに役者の事務所関係者まで、総勢約30名。
「よろしくお願いします!」ひとり一人が立って一言ずつ挨拶をすると、そのたびに拍手が起きました。

全員の前で板垣が開口一番で説いたのは、「面白いお芝居にしたい」ということ。
「面白いとは観客の心を動かすこと。それは笑わせることかもしれないし、イラっとさせることかもしれないし、『かっけー!』と思わせることかもしれない。それで大量得点を取りたいんです。サッカーに例えれば、失点を恐れず大量得点を取ってほしい。150点ぐらい失点してもいいから、600点ぐらい取ってほしい」

もともと演出家の板垣が、脚本・作詞まで担当してクレジットに名前を載せるのは初めて。
「このメンバーで勝ちたい。ピッチで戦うのはみなさんです」と、役者たちにエールを送りました。また、テーマについては「エンタメと社会派を合体させた、社会派エンタメ。貧困、女性、ゲイ、そして死の問題について自分なりに描いたつもり」と語り「行き詰っている人が、せめて明日を生きてみようと思える作品に」と抱負を明かしました。

続いて、初の歌入り読み合わせのスタートです。
桑原まこが弾くピアノのメロディーが流れる中、半円形に並べたテーブルに座った役者たちが、真剣な面持ちで楽譜とにらめっこ。台本の冒頭からセリフを読み、ピアノに合わせて歌い進め、役者とスタッフ、それぞれの心の中で場面が浮かびキャラクターが動き始める。
台本に命が吹き込まれていく瞬間です。

ほろ酔い気分のテルを演じる藤岡正明の演技があまりにリアルで一同大爆笑したり、クサナギ役の小林タカ鹿が、すでに表情まで中間管理職風になりきっていたり、エミの母親役の和田清香のセリフが、30代初めとは思えない貫禄だったり。

本読みが終わった後、最後までじっと聞いていた板垣は、「つなげていくとどんな風になるか楽しみだね」と笑顔に。「テルは会社に対して価値を見失っている人物。会社にぶら下がっているけれど、足場がないように見えるといいかな」など、キャラクターの解釈について役者からの質問を受け止めつつ、台本を読み解く白熱教室が続きました。

「みんなで一緒にだべりましょう。みんなも思うところあったら、言ってください」
セリフだけで演じた読み合わせは、いわば二次元のお芝居。翌日から始まる立ち稽古で、どんな立体感が生まれるのか、期待が高まる初日の稽古でした。

文:桑畑優香

  • いつか〜one fine day 公式サイト https://www.consept-s.com/itsuka/
  • introductionあらすじ

    コンスタントに人間ドラマを描き続ける韓国の映画監督イ・ユンギの2017年最新作を原作に、ストレート・プレイ、ミュージカルのフィールドで説得力ある作品提供をし続ける板垣恭一(脚本・作詞・演出)と映像から舞台まで活躍の幅を拡げている新鋭・桑原まこ(作曲・音楽監督)のコンビでミュージカル化!

    妻に先立たれた男、昏睡状態の中で心だけ目覚めた女―
    二人は胸の内に抱えた悲しみゆえに巡り会い、
    互いの心の穴を少しずつ埋め合っていく

    保険調査員のテル(藤岡)は後輩・タマキ(内海)の担当だった仕事を引き継ぐよう新任の上司・クサナギ(小林)から命じられる。それは交通事故で植物状態の女性・エミ(皆本)の事故の原因を調べるというもの。しかし、エミの代理人・マドカ(佃井)と友人・トモヒコ(荒田)は調査に非協力的で敵対。仕事が進まないなか、病死した妻・マキ(入来)のことをまだ整理できずにいるテルに声をかけてきたのは、意識がないはずのエミだった。俄かには信じがたいと思いながらも自分にしか見えないエミと交流を重ねるうちに、事故の陰に幼い頃にエミを捨てた消息不明の母親・サオリ(和田)の存在が浮かび上がってくる。

    pv動画

    cast出演

    schedule公演日程

    4
    11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
        13:00  12:00   ◎14:00     13:00 12:00
    19:00 ◎19:00 17:30 ◎16:30 19:00  19:00 19:00 19:00 17:30 16:30
    ※上演時間120分(予定)/開場時間は各公演の30分前
    ※未就学児はご入場いただけません
    ◎アフタートーク:
     4/12(金)19:00公演=登壇者:イ・ユンギ監督、板垣、藤岡、皆本
     4/14(日)16:30公演=登壇者:藤岡、皆本、入来、和田、板垣
     4/17(水)14:00公演=登壇者:小林、佃井、荒田、内海、板垣

    access会場&アクセス

    シアタートラム地図

    シアタートラム
    〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1
    Tel. 03-5432-1526
    三軒茶屋駅[東急田園都市線(渋谷より2駅・5分)・世田谷線]より直結

    ticketチケット

    【チケット料金】(全席指定・税込)

    平日19時=7,500円
    平日14時・土日=8,500円

    【チケット発売】

    プレイガイド先行発売:2019年1月11日(金)
    *世田谷パブリックシアター友の会先行=1月9日(水)
    せたがやアーツカード先行=1月10日(木)
    一般発売:2019年2月5日(火)

    【プレイガイド】

    主催者公式

    https://consept.shop

    ※聴覚障害者用字幕席対応公演(公式のみでの販売)
    購入はこちらから⇒https://consept.shop/?category_id=5c318583c3976c57734e8596
    アフタートークは手話通訳付

    チケットぴあ

    0570-02-9999(Pコード:490-603)
    http://w.pia.jp/t/itsuka/

    イープラス

    http://eplus.jp/itsuka/
    ファミリーマート店内Famiポートでも直接購入できます。

    ローソンチケット

    0570-000-407(オペレーター対応10時~20時 / Lコード:34324)
    https://l-tike.com/itsuka

    世田谷パブリックシアターチケットセンター

    03-5432-1515(10:00〜19:00)
    PC・スマホ https://setagaya-pt.jp/
    携帯 https://setagaya-pt.jp/m/

    LINEチケット

    https://ticket.line.me/events/1789

    staffスタッフ

    • 【スタッフ】

      原作:映画『One Day』
      脚本・作詞・演出:板垣恭一
      作曲・音楽監督:桑原まこ
      美術:乘峯雅寛
      照明:三澤裕史
      音響:戸田雄樹
      衣裳:KO3UKE
      ヘアメイク:田中エミ
      振付:下司尚実
      演出助手:守屋由貴
      稽古ピアニスト:高野直子
      舞台監督:齋藤英明

      演奏:桑原まこ(Key) 荒井桃子(Vn) 谷崎舞(Vn) 石貝梨華(Vc) 成尾憲治(Gt)

      宣伝デザイン:有山達也
      イラスト:金子佳代
      スチール撮影:安藤毅
      プロモーション動画制作:深沢麿央
      ウェブデザイン:柚木竜也
      宣伝:大林里枝
      制作:ウォン・ジヘ
      プロデューサー:宋元燮

    • 【企画・製作・主催】

      【SNS&お問合せ】

      @consept2017
      お問合せ:info@consept-s.com

      聴覚障害者用字幕席対応公演

      https://www.consept-s.com/omotenashi-guide
      協力 特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク

      カルチケ対象公演(学生無料チケット・枚数限定)

      https://www.consept-s.com/cultivate

    Based on the Korean Motion Picture ‘One Day’ directed by LEE Yoon-ki and produced by Invent Stone.

    TOPへ